自転車競技短距離種目で史上初小林優香選手がワールドカップで銅メダルを獲得

公式からのお知らせ

ワールドカップ3戦目にして、UCI国際大会では自身最高位となる3位に入り、銅メダルを獲得

前日のスプリントでは予選は通過したものの1/16決勝で敗退し、持っている力を十分に発揮できていなかった。
男子も結果は振るわず沈滞ムードの中、迎えた3日目の女子ケイリン。

<小林優香の予選>

予選は、危なげなく1着通過したものの、2回戦は苦しい展開から内をついて辛くも3着で決勝戦に乗った。

【決勝:小林は3着、銅メダル獲得】

<決勝の展開>

ファンリーセン(オランダ)―ブラスペニンクス(オランダ)―小林優香(日本)―クルペツカイテ(リトアニア)―モートン(オーストラリア)―ハインツ(ドイツ)で周回、退避と同時にハインツが口火を切り先頭に出る。
残り2周のホームをハインツ―ブラスペニンクス―ファンリーセン―小林―モートン―クルペツカイテで通過、残り2周のホームでモートンが仕掛けるもファンリーセンに合わせられ3車並走状態に、ファンリーセンを追走する形で小林も上昇、先頭に出切ったファンリーセンをハインツ、ブラスペニンクス、小林、モートンで追う形となる。モートンが大外で遅れ戦線離脱し優勝争いはファンリーセン、ハインツ、ブラスペニンクス、小林に絞られた。
ファンリーセン―ハインツ―ブラスペニンクス―小林で最終バックを通過、3コーナーで内に進路を取った小林はそのままの形でゴールを通過し、3着で銅メダルを獲得した。







【!新着!】オススメ競艇予想サイト

「日本競輪投資会」
日本競輪投資会

今だけ!新規会員様限定で「稼げるキャンペーン」情報をご案内!

高額回収金額131万8040円の的中実績確認済み!

新たな情報ルートの確立により会員枠を増枠!
競輪投資で下克上!365日毎日がチャンス!

鉄板の情報と根拠を無料でお届けします。

↓↓今すぐチェック↓↓

公式からのお知らせ
無料で当たる人気競輪予想サイト【競輪Girls FUN!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました